素質論によるコミュニケーションアドバイス

昔々、王様は優秀な跡継ぎを生ませて、国を繁栄させるために「どの日に生まれたら、優秀な子になるか?」と易者さんにみてもらっていたそうです。

実は、心理学のユングなんかも易学にすごいはまってたりしたそうで・・・。

太陽と月のバイオリズムで、どの日に生まれるかによってその子の素質が決まると考えていたんですね。で、その易者に言われた日に跡継ぎが生まれるように手を尽くすわけですが、分娩は自然のものなので、どうしようもないことだってありますよね。そんな時は、母親のお腹を切開して、赤ちゃんを「その日」に取り出していたそうです。これが、今の「帝王切開」の由来なんでしょうね。

 

生年月日による自分や、家族、仕事でうまくいかない人の素質を知ることで、

コミュニケーションがスムーズになったり、考え方の違いを受け入れられるようになったりします。

 

占いではなく、統計学になっています。

不思議なことに、親の素質が子供に入ってることも多く、結婚相手や友達は、3つの中のどれかの素質が同じってことも多いです。

 

この素質の人は、どうしてもらいたいのか。

この素質の子供は、どういう風に育てたらいいのか。

どうして、あの人とは上手くいかないのか。

 

それを知ることで、円滑な人間関係を築けたらいいですよね。


1セッション 3000円